第二新卒者の強み

第二新卒者の強みのアイキャッチ画像第二新卒者は早期離職しているのでアピール材料は少ないように思うのですが、強みってあるのでしょうか。

第二新卒は経験が少ない事が強み

実は経験が少ない事が強みであるのです。

一般的に考えると、経験豊富な人の方が転職先の企業で即戦力として活躍できるので転職活動時に有利に働くと思うのではないでしょうか。

実際この様に考える企業はあって、即戦力の人しか雇わないという所もあります。

しかし、第二新卒者は即戦力しか雇わないような企業は無視してていいのです。

第二新卒者の強みは経験がない事と書いたのは、経験のない人を求めている企業に絞って転職活動をするという事に等しいです。

でも「その様な企業はあるの?」と思うのが普通な考えだと思うのですが、実はたくさんあります。

経験豊富な人というのは、実は企業側にとって扱いづらい面があるのです。

企業には企業文化や企業風土というものがあるのは、皆さんも仕事をする中で感じたとは思うのですが、他企業のそういった文化や風土に染まりすぎている人は転職先の企業でうまくいかない場合があります。

例えば大企業に長い間勤めていた人が中小企業に転職した場合、仕事の仕方が全く違うのでその事に順応できない人というのが少なからず出てくるので、採用側は敬遠することもあるようです。

日本では海外に比べて、「和」を大事にするので、即戦力で転職してきた人でも和にそぐわない人は扱いづらいとなってしまうようです。

この様な事が日本の新卒主義(新卒であることを重視する)の背景にあるのですが、新卒者を雇うというのは今の人材不足の中では非常に難しくなっているので、その分第二新卒が注目されるようになっています。

第二新卒は、新卒よりも有利な点がある

では、「第二新卒は新卒者に劣るのか?」というとそれも違います。
確かに第二新卒より経験豊富な転職者を重視する企業があるように、第二新卒者よりも新卒者を重視する企業もあります。

しかし、新卒者というのは社会経験が全くないので、ビジネスマナーや仕事の基本を教えないといけないという事でその分余計な時間と経費がかかることになってしまいます。

また、転職する事が身近な事になっているので、新卒から採用しても安易に転職してしまう人がたくさんいるので採用側はこの事をかなり問題視しています。

一方、第二新卒者は、仕事の基本的な部分はすでに身に付いている可能性は高いですし、もう既に他の企業を経験した上で転職活動をしているので次の企業での定着率は高いと考えられています。

無理やり例えてみると、離婚経験者をパートナーとしたいと考える人が意外と多いのに似ているのかもしれません。

幻想ではなく現実を重視して、企業を見ていると考えられているわけです。

同じカテゴリーの記事

上に戻る

第二新卒転職への道トップページへ

上に
戻る