第二新卒は研修で身につけたこともアピールしよう

第二新卒は研修で身につけたこともアピールしようのアイキャッチ画像第二新卒者は、短期で辞職しているためにアピール材料が少ないと考えてしまいがちです。

しかし、新人研修もアピール材料になるので、アピールできる材料を整理しておきましょう。

ビジネスマナー研修をアピール

ビジネスマナー研修も当然ながら、アピール材料として利用する事ができます。

ビジネスマナーが身についていると、面接での立ち居振る舞いや話方にも差が出るので、その点でも評価が高くなる可能性があります。

もし、ビジネスマナー研修を終えてから、実際にお客さんの応対や電話対応、客先への訪問などを経験して、それらの事がスムーズに行えるという事なら、評価はかなり高くなるので忘れずにアピールしておきたいです。

第二新卒者は経験が浅く、新卒者と比べられることがあるので、ビジネスマナーが身についているだけでも新卒者との差別化になります。

基本的なパソコンスキルをアピール

新人研修は職種によって大きく内容が違います。

しかし、今ではパソコンスキルが必要ない職種はないと言える時代ですので、前職でパソコン操作の研修を受けていればアピール材料に使う事が出来ます。

ワードやエクセルの基本的な操作ができると、営業職や事務職などではアピールとして使えることでしょう。

営業職の場合は、受発注ソフトや顧客管理ソフト、費用の見積もりソフトなどの知識や経験もアピールとして利用出来ます。

SEやプログラマというような本格的にパソコンを使う職種であれば、研修には費用も時間もかかる事になります。

前職でプログラミングの研修を受けたという事でしたら、次の職場で研修が必要なくなり企業のコストが安くすむので歓迎されます。

職種毎にパソコンで利用するソフトは大きく違います。

どういったソフトをどの程度利用出来るのかということは、詳しく説明できるように整理しておきたいです。

研修での実績も報告しよう

研修の最後には、研修内容を踏まえたテストや制作を行って評価されるという事が多いです。

そういった研修の実績もアピールできないか考えてみましょう。

研修の成果で上位の評価を得たのならもちろんアピールできます。

それ以外にも、複数人数で制作を行う場合、協調性をアピールできる可能性もあります。

研修最後のテストや制作は、実践に近い内容になっていることが多いので、そこでアピール材料が見つかれば評価されるはずです。

まとめ

第二新卒は若さが評価されているのですが、それにプラスアルファのアピール材料があれば企業の採用意欲は高くなります。

研修だけであっても十分アピール材料になるので、事前にしっかり整理しておきましょう。

同じカテゴリーの記事

上に戻る

第二新卒転職への道トップページへ

上に
戻る