転職活動Q&Aの記事

アルバイトの経験しかないと第二新卒に含まれないの?のアイキャッチ画像フリーターなどアルバイト経験しかない人は、基本的に第二新卒には含まれていません。

しかし、第二新卒のはっきりした定義は無く、「仕事経験があまり無い」「若い」という条件がそろっていれば第二新卒に含まれる可能性はかなり高くなります。

第二新卒から転職した場合研修は受けられるの?のアイキャッチ画像あまり仕事経験の無い第二新卒ですから、転職先で研修を受けられるのか、受けられないのかは非常に気になると思います。

この質問の回答としては、「企業によってまちまち」という事になってしまうのですが、企業が人を雇い入れるという事はその人に何らかの貢献をしてもらいたいという事ですので、研修という形になるかどうかは別としてもOJT(仕事を通して、働き方を教える方法)などで指導をしていくと思います。

転職活動は働きながら?退職後?のアイキャッチ画像この質問の回答としては有無をいわず「働きながら」をお勧めします。

実際転職活動をはじめると結構時間がかかって、仕事をしながら並行して転職活動を行うのは苦労するかもしれません。

後ろ向きの転職理由を前向きな転職理由にするには?のアイキャッチ画像第二新卒の退職理由」でも見てきたように、多くの人が退職理由に後ろ向きであったりマイナスな理由を持っています。

しかし、転職活動時に、後ろ向きな理由を話すと面接官にマイナスの印象を与えるのではと考え前向きな理由を話している人も多いようです。

後ろ向きの理由で退職した場合には面接でどのように話せば良いのでしょうか?

未経験者歓迎の求人とは?のアイキャッチ画像転職サイトなどを利用していると、未経験者歓迎という求人をよく見かけます。

この未経験者というのは、何が未経験の事を指すのでしょうか?

採否の結果がメールや電話で知らされない時にはどうすれば良いのか?のアイキャッチ画像履歴書も通り、面接に参加し、後日結果を知らせると言われる事は多いです。

しかし、企業の中には中々結果を伝えてこない事もあるのですが、そういった場合にはどうすれば良いのでしょうか。

求人情報を出していない企業に応募する事は可能か?のアイキャッチ画像これまでの仕事を通して様々な企業に訪問したり、商品を扱った事があるのなら、その様な企業に転職できれば良いなぁと考えるのも自然なことです。

しかし、いつでもそういった企業が求人を出しているとは限らないです。

求人情報が出ていない企業に応募することは可能なのでしょうか?

勤務地全国各地って、選ぶ事が出来るの?のアイキャッチ画像求人票を見ていると勤務地について全国各地と表記している事があります。

こういった場合、自分の好きな場所を勤務地として自由に選ぶ事が出来ると考えて良いのでしょうか?

第二新卒向けの良い求人が見つからない場合どうすればいい?のアイキャッチ画像第二新卒者は、仕事経験が浅いことから求人によっては応募できない事もあります。

中々希望にあったよい企業が見つからない場合は、どうすればよいのでしょうか?

転職活動を有利に進めるために、普通自動車免許は取得した方が良い?のアイキャッチ画像求人情報を見ていると、「要普免」などの表記を見ることがあると思います。

この表記がある求人に応募するためには、普通自動車免許が必要という事です。

やはり普通自動車免許は取得しておいた方が良いのでしょうか?

第二新卒から起業をする事は可能か?のアイキャッチ画像第二新卒者でも転職ではなく、起業をしたいと考える人もいると思います。

仕事経験が浅くても起業は可能なのでしょうか?

第二新卒になっても大学の就職課を利用できる?のアイキャッチ画像就職活動の際には、大学の就職課にお世話になった人も多いのではないでしょうか?

第二新卒になって再度大学の就職課を利用することは可能なのでしょうか?

第二新卒の転職で派遣社員を目指すのはどうでしょうか?のアイキャッチ画像前職は正社員をしていても、転職を機に派遣社員になりたいと考える第二新卒者も多いです。

派遣社員は正社員に比べて不安定で、あまり世間的なイメージが良くないと考えてしまう人もいますが、実際はどうなのでしょうか?

正社員からアルバイトや派遣社員(非正規社員)に転職する人はいるの?のアイキャッチ画像正社員を退職して、アルバイトなどに転職する人も少なからずいます。

どれくらいの人が非正規社員に転職しているのか、また、なぜ非正規社員に転職しているのでしょうか?

第二新卒から転職活動をするのか、学校に行くのかで迷う人が多いのアイキャッチ画像第二新卒の人の話を聞いていると、転職活動を開始するのか、大学や専門学校に再入学するのかで迷っている人が多いです。

第二新卒は、学校を卒業してから数年の仕事経験で退職した人ですから、まだまだ若い人が多く、さらに勉強をして自分の価値を高めたいと思うのでしょう。

こういった選択で迷った場合どのように考えればよいのでしょうか?

転職でアピールに使えるポータブルスキルとは?のアイキャッチ画像前職で身に付けた技術や知識、経験をやみくもにアピールしている人はいないでしょうか?

たくさんのアピール材料があることは非常によいことなのですが、それらの材料がすべて評価されるわけではありません

転職活動で評価されるのは、転職先でも有効に活用できるスキルです。

こういった他社や他業界などで活用できるスキルのことを「ポータブルスキル」といいます。

ポータブルスキルを有効にアピールするために、ポータブルスキルにはどういったものがあるのかについて解説していきます。

今の仕事が向いてないと思ったら転職すべき?のアイキャッチ画像就職をしていざ仕事をはじめてみると、どうしても仕事の内容に興味が持てず転職を考えてしまうという人がたくさんいます。

安易に転職を考えてしまうことは、おすすめできないのですが、それでも仕事には向き不向きがあるのが現実です。

こういった場合、転職をすべきか、すべきではないのかをどのように判断すればいいのでしょうか?

第二新卒者は本人希望欄をどのように書けばよいのか?のアイキャッチ画像第二新卒者など、早期離職者は勤めていた企業で問題に出くわして退職した人が多いです。

そういった人の場合、履歴書の本人希望欄に、様々な希望を書いてしまう人もいます。

しかし、希望が多すぎると採用選考において不利になってしまうこともあります。

第二新卒者は本人希望欄をどのように書けばよいのでしょうか?

上に
戻る