人材不足で第二新卒がまた注目される!

人材不足で第二新卒がまた注目される!のアイキャッチ画像アベノミクスの効果で世の中では人材不足と言われています。

新卒者などの就職活動もし易い環境がありますが、第二新卒者の転職者にも有利な環境が整いつつあります。

不本意入社から本命企業への転職

リーマンショックの頃に就職した新卒者も今や第二新卒者と呼ばれる立場になっています。

こういった世代の人たちは、就職時には環境が非常に厳しかったので、本命の企業には就職できず、第二、第三の希望の企業に就職した人も多いのです。

そういった人の中で本命企業やその他の企業への就職を諦められない人が今、転職活動に動き始めています

以前、2006年から2007年にかけて景気が上向いた時にも、同じように第二新卒者で転職活動を行う人が増えました。

その際には、企業も積極的に第二新卒者を採用したことから、第二新卒者の転職が定着するにいたりました。

今回の景気回復局面でも人材不足に陥っている企業が第二新卒者を積極的に採用するはずですから、チャンスは広がっていると言えるでしょう。

中小企業を狙うにはこれ以上の無い環境

人材不足の環境があるとは言え、大企業など有名企業では採用倍率が高いことは変わりありません。

しかし、中小企業では景気があまり良い状態では無い時でも人材を確保するのが難しい状況があるので、今回の景気回復で人材不足状態にある環境ではかなり厳しい状況にあるはずです。

中小企業と言っても、優良企業は多数存在しているので、魅力を感じる人も多いはずです。

大企業ばかりに目を向けずに中小企業も転職活動活動範囲に入れると、内定を貰える可能性を飛躍的に高めることが出来るはずです。

まとめ

今回の景気回復局面では人材不足が非常に深刻なので、転職を行うにはこれ以上にない環境ということになります。

しかし、企業は第二新卒者にまた直ぐに辞めるのではという不安感を持っているのは間違いありません。

そういった部分をしっかり説明することは、忘れないようにしなければなりません。

同じカテゴリーの記事

上に戻る

第二新卒転職への道トップページへ

上に
戻る