転職したほうが良い人、しない方が良い人

転職したほうが良い人、しない方が良い人のアイキャッチ画像後ろ向きな理由では転職しない方が良いのか」で積極的に転職を選択肢として考えてほしいと書いたのですが、もちろん転職をしない方が良い人もいます。

では、どの様な人が転職すべきで、どの様な人は転職すべきではないのでしょうか。

転職はデメリットを減らし、メリットを増やす事

転職をする事が良いのか、悪いのかは転職理由ではなく、転職をする事によって自分にとってのデメリットを減らし、メリットを増やす事が出来るのかどうかで考えるべきです。

この様に書くと、あまりに個人的な都合で企業の都合を考えていないように思うのですが、他社に比べて今務めている企業に圧倒的にデメリットを感じている場合、企業の都合に答えていてばかりでは企業が改善する事の重要性に気づくことができず企業にとってもデメリットになる事があります。

つまり、あなたが転職する事によって、会社側はその理由を考える事に繋がりますので、その問題点が後々改善されていくことにもなるかもしれないのです。

ですので、個人的なデメリットを転職理由にする事をためらわないでほしいです。

デメリットはその企業だけの事なのか

個人的なデメリットを転職理由にしても良いとは言っても、そのデメリットが転職した先の企業でも同じでは転職する意味はありません。

例えば、人間関係に関してデメリットを感じているような人の場合、今務めている企業では人間関係が上手くいかない状態であっても、他に移ればその状態を変えられるという展望がないのでしたら転職すべきではありません。

学生時代から人間関係を築くのが上手くなかった人が、社会人になってもやっぱり人間関係を上手く築く事ができなくて転職する。

この様な人は転職を繰り返してしまう場合が多いので、転職をする事は絶対に避けるべきです。

この人がやるべき事は、人間関係をうまく築く為のコミュニケーション能力を身につけるセミナーに参加するなどであって転職ではないはずです。

一方、務めていた企業が不法な事をやっていて耐えられないというような場合や明らかに他社に比べて賃金が低いなどであれば、他の企業に移れば改善されるのは目に見えています。

この様に、自分が感じているデメリットを他社と比べて改善される可能性があるのでしたら、転職を選択肢の一つと考えるべきでしょう。

転職は超個人的な事

転職する事によって企業に迷惑をかけてしまう事を、あまりに深刻に考えている人には転職はお勧めできません。

というのも転職というのは超個人的な事ですので、企業を少なからず裏切ることになるのは仕方のない事であるからです。

しかし、企業に勤めていた人の忠誠心が強いという事は良い場合も多いのですが、先ほども書いたように経営者が改善すべき点に気づけないというデメリットも潜んでいるのです。

ですので、あなたにとってのデメリットが大きい場合は転職を積極的に考えてみてください。

同じカテゴリーの記事

上に戻る

第二新卒転職への道トップページへ

上に
戻る